スキムミルク がない時に 牛乳に換えて作る方法

材料について

スキムミルクとは

スキムミルクは脱脂粉乳のことです。

脱脂粉乳は生乳から乳脂肪分と水分を取り除いて乾燥させたもの。

スキムミルクで作ると乳脂肪分がないために
牛乳で作ったパンより味は淡白な感じになります。

スキムミルクは乾燥状態なので長期保存、
常温保存ができるので利便性がありますね。

まずはパン作りにおけるスキムミルクの役割をみていきましょう。

スキムミルクの役割

スキムミルクをパンに入れるのは次のような役割があるからです。

◉生地をふんわりとさせる。
◉パンの焼き色をつきやすくする

このようなことからパン作りでスキムミルクが使われていることが多いのです。

でも、パンを作ろうと思ったときに、
おうちに牛乳はあるけどスキムミルクは無いという場合も
多いかと思います。

このようにスキムミルクがない場合は牛乳に変えて作ることができます。

スキムミルクがない時に牛乳に変えて作る方法

レシピのスキムミルクは牛乳に換えて作ることができます。

スキムミルクは牛乳の固形分10%をギュッと粉にしたようなイメージです。

なのでスキムミルクの10倍の量を牛乳にして同じように使うことができます。

スキムミルク10gを牛乳に置き換える場合、
牛乳は10倍量の100gが必要になります。

でも、粉状のスキムミルクを水分のある牛乳にしたので
その分水は減らさないといけません。

牛乳100gの10%がスキムミルクに相当するので、
残りの90%の90gが水分と考えることができます。

スキムミルクを牛乳に変えるときは
スキムミルクの10倍量の牛乳を使い、
レシピの水量から90gを減らす

ということになります。

反対に牛乳をスキムミルクに変えたい場合

反対にレシピの牛乳をスキムミルクで作りたい時は
次のようにして置き換えることができます。

牛乳の量=スキムミルク相当分が10%、水相当分が90%なので

牛乳をスキムミルクに置き換えるときは
牛乳100gの場合、スキムミルク10g+水90gなので

レシピに水を90g 足すということになります。

スキムミルクと牛乳でパンをつくったときの違いは?

スキムミルクで作った時と牛乳で作った時の違いは

◉スキムミルクは柔らかくボリュームが出る。
◉牛乳は生地がしまった感じになる

このような性質があることから、

作りたいパンによって使い分けることもできますね。

③ブリオッシュ編みパン

・焼き上がりの生地の形をしっかり保ちたい

・クープの切れ目をはっきり出したい

・編みパンなど、生地がしっかして編み合わせがしやすくなるようにしたい 

 などの場合は牛乳を入れた生地がいいかもしれません。

ミルクハースやヴィエノワのようにクープをはっきり見せたいとか
しまった生地で編みパン成形をしやすくしたいなどの場合は
牛乳を入れたしっかり目の生地だと作りやすいかと思います。

・ふんわり柔らかいパン

・色づきがいいパンにしたい

このような場合はスキムミルクを使うといいですね。

スキムミルク がない時に 牛乳に換えて作る方法ーまとめ

使う材料がパンにどのような役割ををしているのか?

今回はスキムミルクについてみてきました。

パンの作り方だけでなく理論的なことも知ると
自分好みのレシピを作れるようになります。

奥の深いパン作り、ぜひ楽しんでくださいね。

============

パンの作り方だけでなくなぜこうするのか?
どうしてこの材料を使うのか?

いつものパンを健康的なパンにしたいけどどうしたらいい?

パン教室を20年続けていられる方法とは?

いろいろなことをトータルで学べる講座が
スタートしました。

〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜

\雑穀パンは体に良さそう?/

雑穀の栄養価に注目した雑穀パンと
栄養知識も学べる!

🔻【雑穀プラスの健康パン講座】レシピは商用利用O K
🔻募集スタートしました

雑穀の健康パン講座

これからの健康を考えたパン作りをご提案し、
お仕事としてレッスンや販売、お店のメニューに出したいなど
目的にあわせてのカスタマイズレッスンをいたします。

受講方法は対面かオンラインか選択可。

お問い合わせはお気軽にLINEまたはメールにて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 雑穀プラスの健康パン講座クリックバナー.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 飾り線雫ライン.png

LINEからのお問合せもできます。

1DAYレッスン、オンラインレッスン、イベントレッスンなど
レッスン情報をいち早くお知らせします。

友だち追加
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A2000PX-scaled-e1642696520788-1024x1005.jpg

“おいしいパン”づくり体験してみませんか?

もし、あなたがおいしいパンづくりの“感覚”“理論”の両方を“わかりやすく”学べるパン教室をお探しなら、当教室の体験レッスン(3時間)に参加してみませんか?

私がお伝えする方法で“ほんとうに”おいしいパンが焼けるかどうか?を、ぜひ体験レッスンで試してみてください。

また最近は、体験レッスンを受講されてから入会をご判断される方もいらっしゃいます。

かぎられた時間ですが、おいしいパンを作るとともに、あなたの“癒しのひととき”になれるようなレッスンをご提供したいと思っています。

材料について
愛知県瀬戸市のパン教室【Moco Moco Kitchen】
タイトルとURLをコピーしました